介護塾

歴史

久喜市は古くて新しい市です。市の歴史は明治時代に前身となる久喜町が存在していましたが、2010年にいわゆる「平成の大合併」により旧久喜市と北葛飾郡鷲宮町、栗橋町、南埼玉郡菖蒲町が合併し、新たなスタートを切りました。この合併により面積、人口ともに規模が拡大し、埼玉県内での重要性も高まっています。なお、隣接する市町村が10市町村もあり、これは秩父市、さいたま市、川越市に次いで飯能市と並ぶ県内4番目の数となっています。

 

合併がもたらした影響はやはり大きく、旧久喜市の面積は25.35平方キロメートルだったのが合併後には82.4平方キロメートルと3倍以上に、人口も合併直前では約7万1000人だった人口が約15万4000人と倍増しました。ここまで規模が拡大するとまったく新しい市に生まれ変わったといっても過言ではないでしょう。

 

なお、市内は合併前の名残を残しており、久喜地域、菖蒲区域、栗橋区域、鷲宮区域の4区域に分類することが可能です。中心となるのはやはり久喜地域で、この地域内はさらに久喜地区、太田地区、江面地区、清久地区に分類することができます。

 

市内では久喜区域の平沼と栗橋区域の豊田で大規模な土地区画整理が行われ、急速な発展が進められています。他の地域でも区画整理が進められており、今後の発展が期待できる地域ともいえます。中世まで歴史を遡ることができるこの地域、それでいて新たな歴史が進行している状況です。風情溢れる雰囲気と、賑やかな雰囲気の両方が備わり、利便性も居住性にも恵まれた市といえるのではないでしょうか。


神奈川の風俗なら神奈川デリヘルスタイル

川崎 相模原 町田 厚木 大和 横浜 横須賀 小田原の、神奈川の優良風俗デリヘルを紹介!
www.fuzoku-kanagawa49.com/